Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

息子の育児

スペシャルタクシーのこと〜その6〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com その後、私はソーシャルワーカーに本メールを転送して、状況把握と対応をお願いしました ソーシャルワーカーが学校と話したこと、学校からTHVの担当者にメールを送ってくれること、THVの担当者から私に連絡が入るはずだ…

スペシャルタクシーのこと〜その5〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com ラチがあかないスペシャルタクシー、とても難航しています 実際に利用できる状態になかなか至りません 無事にPhareのヘルパーが決まったこと、わが家が利用したいと思っていた木曜の15時45分にはタクシーを手配できない…

移動支援サービスPhareのこと〜その6〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 沸点を超えて大爆発に至るまでも納得のいかないことがありました ① 朝、今日は来ないでもらいたいという意図を示したつもりだったのに、夫は来たこと ② 仕事の折合いもあると思いますが、夫の到着時間が遅く、息子のレッ…

移動支援サービスPhareのこと〜その5〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 初支援日当日、娘の学校終了後、Uberで息子の学校に向かいました なんだかんだで、15時45分ギリギリの到着となります 直線距離では大したことないのに、車で行こうとすると回り道になってしまいます 学校に着くと、すで…

スペシャルタクシーのこと〜その4〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 多忙なソーシャルワーカーを捕まえることもなかなか至難の技です(泣) 1回目の電話で繋いでもらえることはまずありません 来客中だったり、外出中だったり、、、 受付の人に「何時に終わる予定です」と言われて、その時…

スペシャルタクシーのこと〜その3〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 息子がFair-Playに通うにあたって、ソーシャルワーカーの提案でスペシャルタクシー利用案が有力だったわけですが、手続きに時間がかかりすぎたと同時に、娘との兼ね合いの難しさや私自身の負担軽減を考慮して、移動支援…

移動支援サービスPhareのこと〜その4〜

ここ最近の記事は、リアルタイムの話題と過去の出来事の内容が交錯していて、読者の皆様の混乱に繋がるだろうと十分承知しておりますが、お付き合いくださいますと光栄です 再び昨年11月中旬頃の話に戻ります lausannersfromtokyo.hatenablog.com ヘルパーと…

今日は世界自閉症啓発デーのこと

毎年4月2日は、世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day) 国連が2007年に定めた、その名のとおり自閉症の啓発を目的とした記念日です 世界自閉症啓発デー公式サイト - トップページ 「癒し」「希望」「おだやか」を表すブルーが、自閉症のシンボル…

やまゆり園事件が「形式上」終結したこと

ずっと動向を注視していた事件が、2020年3月31日に区切りを迎えました 1月初旬に公判が開始されたときから、いずれここに書きたいと思っていましたが、なかなか気持ちの整理がつかず、、、実は今もできていませんが、この事件が「形式上」終結したので、今の…

移動支援サービスPhareのこと〜その3〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 顔合わせ当日、コーディネーターと現われたヘルパーは40代前後の男性でした 優しそう、それが第一印象でした 私がヘルパー探しの際に希望したことは、以下の2点 ① 着替えやトイレの介助を必要とするため、同性の人 ② 英…

スペシャルタクシーのこと〜その2〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com そんな中、ようやくスペシャルタクシー関係の封書が届きました 開封してみると、そこにTHVの文字が目に入ってきて「え?」と思いました 結果的に、ソーシャルワーカーが最初に提案したTaxi Servicesではなく、児童精神科…

移動支援サービスPhareのこと〜その2〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 面談日当日、約束の時間になっても現れないコーディネーター スイスの人は、他のヨーロッパ諸国の人と比べると、はるかに時間を守る傾向があり、その点は日本人に近いと感じます でも、この日は20分が過ぎても現われず、…

移動支援サービスPhareのこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 移動支援とは、移動が困難な人に対してガイドヘルパーが行う外出支援サービスを言います 息子はこれまで日本でも移動支援を受けていました 通学介助(具体的には、スクールバスの停留所から学童保育クラブまでの区間)と…

スペシャルタクシーのこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com lausannersfromtokyo.hatenablog.com 息子がFair-Play(スイミングレッスン)へ通うために、スペシャルタクシーを利用する方向でソーシャルワーカーに手続きを進めてもらっていた矢先に、児童精神科医からタクシー会社の…

児童精神科医との2回目の面談のこと〜その2〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 私の話がひと段落すると、続いて医師が調べてくれたセラピーの可能性に話題は移りました まずOTについては、毎週水曜にこのオフィスに来ている作業療法士と話し、彼女のところにも長いウェイティングリストがあるけれど…

児童精神科医との2回目の面談のこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 前回の面談以降、私が抱える課題の進捗としては、 (1)Oai(ファイナンシャル部門)から相変わらず連絡がないこと → 再々(々?)度、ソーシャルワーカーからOaiに連絡してもらうことになりました (2)Oai(メディカル…

息子の学校、看護師との面談のこと〜その2〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 恐る恐る電話をかけてみると、すぐに英語に切り替えてくれた看護師 ありがたい限りです♡ 面談の日程が決まると、彼女から通訳者を介したいとの申し出がありました 以前、日仏通訳の方が所属する団体の連絡先を聞いていた…

息子の学校、看護師との面談のこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com スイスで初めてワクチンを接種後程なくして、息子の学校から手紙が届きました まず、季節性インフルエンザの予防接種(grippe)に関するお知らせが入っていました ① 学校で接種を希望する(親の同伴なし) ② 学校で接種…

ソーシャルワーカーとの2回目の面談のこと〜その2〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 次に、スイミングレッスンの送迎のため、タクシーを特別料金で利用できるように、息子のアセスメントに移りました 前回の面談以降、家庭として非常に大きな変化がありました 夫が、ある国際スポーツ組織で約2ヶ月間イン…

ソーシャルワーカーとの2回目の面談のこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 初回の面談が終わった後、ソーシャルワーカーは関係各所と連絡を取り、その結果を私にメールで教えてくれました ・ Oaiと連絡がついて、必ず私に連絡するという確認が取れたこと ・ スイミングレッスンの送迎にかかるコ…

待ち焦がれた児童精神科医との面談のこと~その3~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 日本ではOT(オキュペイショナルセラピー)がメジャーですが、スイスにはOTに限らず、それ以外にもシコモターセラピーやエルゴセラピーという名の作業療法の類に入るものが存在します 現在、学校では週1回「シコモターセ…

待ち焦がれた児童精神科医との面談のこと~その2~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 続いて、つい先日ソーシャルワーカーとの間でまとまったばかりのアツアツホットニュースを伝えました Oaiの手続き状況、具体的にはファイナンシャル部門は2019年1月末に申請済みだが、これからメディカル部門についても…

待ち焦がれた児童精神科医との面談のこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 2019年2月に自閉症専門の児童精神科医に面談希望を打診し、長ーいウェイティングリストに名前を入れてもらってから、ようやく8月に順番が回ってきて、10月に面談が実現しました 面談当日、息子は学校を休ませて一緒に行…

ソーシャルワーカーとの出会いのこと〜その5〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 不満と怒りが収まらないところ、さらに話し続けるソーシャルワーカー 男性:利用希望施設はPivert(ピヴェー)と書かれていますが、それでよろしいですか?Pivertはローザンヌ中心部にあることもあって、利用者が多く、…

ソーシャルワーカーとの出会いのこと〜その4〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 家庭訪問日の調整に関して連絡が来ないことについては、その場で電話をかけてくれましたが、やはり留守番電話 後日担当者への直通電話に限らず、場合によっては代表電話にも連絡して状況を確認してくれることになりまし…

ソーシャルワーカーとの出会いのこと〜その3〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 私が安堵した理由は、息子との関わりを「労働」や「仕事」と位置づけたくなかったからです あくまでも「育児」だと思って彼に接したいと 息子に知的遅れがあって、彼が自閉症だと分かってからも、ずっとそう思ってきまし…

ソーシャルワーカーとの出会いのこと~その2~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 面談当日、現われたソーシャルワーカーは、背が高くて髭が生えた40代半ばと思われる男性でした 第一印象として、経験豊かで優しそうな雰囲気を感じました pro infirmisの役割について説明を受けた後、彼は私が抱えていた…

ソーシャルワーカーとの出会いのこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 先日の記事で、新学校との面談の中で、家庭としてソーシャルワーカーを持った方がいいとの提案を受けたという話に触れました ソーシャルワーカーは、障がい者(児)がいる事で各家庭が抱える困難を軽減するために、諸手…

息子の習い事のやりくりは本当にできるのか?ということ

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 息子のスイミングクラスは、木曜の17時から1時間レッスン(着替え含む)で、プールはローザンヌ中心部にあります St-Sulpiceで15時15分に学校が終わる娘と Le Mont-sur-Lausanneで15時45分に学校が終わる息子 この30分と…

息子のスイミングレッスンのこと〜その2〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 「息子の水泳教室を探す」をスイスに来たらやりたい事リストに入れて来ましたが、ここではインターネットによる情報収集が困難すぎました 英語対応のウェヴサイトがあったら、ラッキーの世界です 多くはフランス語のみ、…