Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

習い事

スペシャルタクシーのこと〜その6〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com その後、私はソーシャルワーカーに本メールを転送して、状況把握と対応をお願いしました ソーシャルワーカーが学校と話したこと、学校からTHVの担当者にメールを送ってくれること、THVの担当者から私に連絡が入るはずだ…

スペシャルタクシーのこと〜その5〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com ラチがあかないスペシャルタクシー、とても難航しています 実際に利用できる状態になかなか至りません 無事にPhareのヘルパーが決まったこと、わが家が利用したいと思っていた木曜の15時45分にはタクシーを手配できない…

移動支援サービスPhareのこと〜その6〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 沸点を超えて大爆発に至るまでも納得のいかないことがありました ① 朝、今日は来ないでもらいたいという意図を示したつもりだったのに、夫は来たこと ② 仕事の折合いもあると思いますが、夫の到着時間が遅く、息子のレッ…

移動支援サービスPhareのこと〜その5〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 初支援日当日、娘の学校終了後、Uberで息子の学校に向かいました なんだかんだで、15時45分ギリギリの到着となります 直線距離では大したことないのに、車で行こうとすると回り道になってしまいます 学校に着くと、すで…

スペシャルタクシーのこと〜その4〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 多忙なソーシャルワーカーを捕まえることもなかなか至難の技です(泣) 1回目の電話で繋いでもらえることはまずありません 来客中だったり、外出中だったり、、、 受付の人に「何時に終わる予定です」と言われて、その時…

スペシャルタクシーのこと〜その3〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 息子がFair-Playに通うにあたって、ソーシャルワーカーの提案でスペシャルタクシー利用案が有力だったわけですが、手続きに時間がかかりすぎたと同時に、娘との兼ね合いの難しさや私自身の負担軽減を考慮して、移動支援…

移動支援サービスPhareのこと〜その4〜

ここ最近の記事は、リアルタイムの話題と過去の出来事の内容が交錯していて、読者の皆様の混乱に繋がるだろうと十分承知しておりますが、お付き合いくださいますと光栄です 再び昨年11月中旬頃の話に戻ります lausannersfromtokyo.hatenablog.com ヘルパーと…

移動支援サービスPhareのこと〜その3〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 顔合わせ当日、コーディネーターと現われたヘルパーは40代前後の男性でした 優しそう、それが第一印象でした 私がヘルパー探しの際に希望したことは、以下の2点 ① 着替えやトイレの介助を必要とするため、同性の人 ② 英…

スペシャルタクシーのこと〜その2〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com そんな中、ようやくスペシャルタクシー関係の封書が届きました 開封してみると、そこにTHVの文字が目に入ってきて「え?」と思いました 結果的に、ソーシャルワーカーが最初に提案したTaxi Servicesではなく、児童精神科…

移動支援サービスPhareのこと〜その2〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 面談日当日、約束の時間になっても現れないコーディネーター スイスの人は、他のヨーロッパ諸国の人と比べると、はるかに時間を守る傾向があり、その点は日本人に近いと感じます でも、この日は20分が過ぎても現われず、…

移動支援サービスPhareのこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 移動支援とは、移動が困難な人に対してガイドヘルパーが行う外出支援サービスを言います 息子はこれまで日本でも移動支援を受けていました 通学介助(具体的には、スクールバスの停留所から学童保育クラブまでの区間)と…

スペシャルタクシーのこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com lausannersfromtokyo.hatenablog.com 息子がFair-Play(スイミングレッスン)へ通うために、スペシャルタクシーを利用する方向でソーシャルワーカーに手続きを進めてもらっていた矢先に、児童精神科医からタクシー会社の…

息子の習い事のやりくりは本当にできるのか?ということ

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 息子のスイミングクラスは、木曜の17時から1時間レッスン(着替え含む)で、プールはローザンヌ中心部にあります St-Sulpiceで15時15分に学校が終わる娘と Le Mont-sur-Lausanneで15時45分に学校が終わる息子 この30分と…

息子のスイミングレッスンのこと〜その2〜

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 「息子の水泳教室を探す」をスイスに来たらやりたい事リストに入れて来ましたが、ここではインターネットによる情報収集が困難すぎました 英語対応のウェヴサイトがあったら、ラッキーの世界です 多くはフランス語のみ、…

息子のスイミングレッスンのこと

本ブロク内で何度か触れていますが、息子は水のある場所がとにかく大好きです 水の中にいるときの息子の笑顔は、こちらまで笑顔になってしまうほど最高に幸せをもらいます そのため、日本では小学1年生の夏から、障がい者(児)専門の水泳教室に通っていまし…

娘の心の変化のこと

これまでの記事で何度か触れてきましたが、日本では好奇心旺盛で色々なことに興味関心を持って楽しく取り組めていた娘が、スイスに来てから大きく変わりました 消極的、保守的、否定的、反抗的、、、どうしてもネガティブな言葉ばかり並んでしまう状態が半年…

娘、人生初の習い事のこと~その4~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 話が反れましたが、コーチの見本や周りの子の動きを見ながら、同じように真似してみようとしていた娘 スポーツはそれほど言葉を必要としない部分が、今の娘にとって最も取り組みやすいことだろうと感じています 練習が終…

娘、人生初の習い事のこと~その3~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com ところが、ある火曜の夕方に突然 娘 :明日ってホッケーの日だよね? 私 :うん、そうだけど、、、何で? 娘 :明日、ホッケー行ってみようかな! 私 :え?明日?ずいぶん急だねー(失笑) 娘 :急にやる気が出てきて!…

娘、人生初の習い事のこと~その2~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 大好きなお姉さんのホッケー姿に心を奪われ、素晴らしいコーチに教えてもらいながら、憧れの存在と一緒にプレーできたことが娘のモチベーションにつながりました 誰かに憧れて自分もそうなりたいと願い、目標を持つこと…

娘、人生初の習い事のこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 以前の記事で、娘が自らの意思で「やりたい、続けたい」と言って始めた習い事があることをお伝えしました それは、なんとホッケーです!! ホッケーと言っても、アイスリンクの上でスケート靴を履いて行うアイスホッケー…

日本語に触れる環境のこと~その7~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 息子がスクールホリデーで家にいる水曜を選び、3人で学校に向かいました ママさんから「分かりにくい場所にあるので、もしよかったら車で一緒に行きましょう」というとてもありがたい提案をいただきましたが、今後もし通…

日本語に触れる環境のこと~その6~

子供たち、特に娘の日本語に触れる環境については以前の記事でお伝えしました ここの公立校に通い始めてからしばらく登校を渋っていた娘にとって、家族以外で自分の母国語と同じ日本語を話す友達がいる、日本語を勉強する場所があると知ることで、生活が良い…

日本語に触れる環境のこと~その5~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com そのママさんは次のように話してくれました ママ:息子さんのお話を聞いていて思いついたんですが、つい最近、日本で小児科医をされていたお母さんと知り合ったんです。ご主人のお仕事の関係でこちらに来ていて、たしか…

日本語に触れる環境のこと~その4~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 娘は昔から何でも楽しく前向きに取り組めるタイプなのですが、どうしてこれほどまでに消極的だったのか私は不思議で仕方ありませんでした 授業の内容も先生の説明もとても分かりやすく、娘がやるべきことを理解できなか…

日本語に触れる環境のこと~その3~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 会場に入ると、想像以上の人数の子供たちと保護者たちがいて、なかなか街中で日本人の方に遭遇することがないので、ローザンヌにこんなにたくさんの日本人が暮らしているんだと驚きました 執行部の方から教室の運営方法…

日本語に触れる環境のこと~その2~

lausannersfromtokyo.hatenablog.com フランス語圏内にある場所としては、以下の選択肢があります ① ジュネーブ日本語補習学校 ② ローザンヌ日本語教室 ③ おひさま日本語学校(ロネ校及びニヨン校) ①は日本の学習指導要領に準拠した教育を行っている補習授…

日本語に触れる環境のこと

lausannersfromtokyo.hatenablog.com 子供たちは現地公立校に通い、フランス語中心の学校生活を送っていることは以前の記事でお伝えしたところですが、とりわけ娘の場合、言葉の壁が影響する状況が多く、クラスメイトが言っていることを理解したり、自分の言…