Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

整体の先生のこと

娘を出産して3ヶ月が経った頃、左下半身の痺れを感じ、直感で「これ、まずいなぁ」と思ったことがきっかけで、中学時代の友人の紹介で、ある整体の先生に出会いました

一般的な「整体」と違って、身体をギューギュー押すのではなく、軽く触れている程度か、触れないときもあります

先生の「最近、どうですか?」から、そのとき抱えている悩みや心に引っかかっていること、ストレスと感じていることなどを聞いてもらっている間に、身体の痛みがなくなっている、または軽減している、、、そんな整体です

「病は気から」とよく言いますが、まさに気持ちや思考次第で、身体の調子が良くなるか悪くなるか、という方針を持っているのだろうと私は理解しています

日本にいた頃は、1ヶ月に1度のペースで、お世話になっていました

まだまだ課題はありますが、先生のおかげで自分と向き合い、自分の力で気持ちや思考をうまく転換できるようになり、身体の良い状態を維持できる期間も長くなりました

夫が大学院に合格して、スイスに行く可能性が出てきたという話から、スイス行きが決定した話、これまで誰にも打ち明けられなかった話でも、先生は何でも聞いてくれ、いつでも私の気持ちに共感してくれて、アドバイスまでしてくれました

そして、「スイスで困ったら、日本から身体の調整もできますので連絡ください」と言って、送り出してくれました

f:id:lausannerfromtokyo:20190309095948j:image

先生の教えを胸に、せっかくなので自分の力でやってみようとスイスにやってきましたが、想像をはるかに超えた、しんどい生活がここにあって、心に余裕がない状態が続いていることから、ついに左肩に強い痛みを感じるようになり、もともと睡眠リズムがあまり良い方ではないにも関わらず、1~2時間に1度、目を覚ますような状況になってしまいました

自分の力ではどうにも処理できなくなったときは、先生の力を借りて体を整理してもらうしかありません

先生は電話で話しながら調整してもいいし、私が身体の状態だけ伝えて調整をかけてもいいとのことでしたが、私にとっては先生との対話が重要なので、電話で話しながら調整することを希望しました

今の時代、すばらしいなと思うのは、インターネットさえあれば無料でビデオ通話することができます

時差さえ気を付ければ、物理的には離れていても、存在を近くに感じられるのは、本当に便利だと思います

どんな会話をしたかは省略しますが、先生が最後に言ってくれたことが、とても心に残ったので、記録として書きます

ーーーーーーー

先生:大変だと思いますけど、インスタを見る限り、結構楽しそうじゃないですか!

私 :うーん、そうですねー。インスタには「いいね!」ボタンしかないので、「いいね!」を押してもらえるような内容しか載せていません。なので、「いいね!」じゃない内容のものはブログに書くようにしているんですよー。

先生:そうなんですね。でも、人生で起こる事ってぜんぶ「いいね!」なんですよ、「いやだね」ってないんです。だから、今、余裕がなくて大変でしょうけど、それも「いいね!」なんですよ、分かりますか?

ーーーーーーー

先生と出会ってから、もうかれこれ5年ほど経つので、先生が言いたい事は詳しく説明してもらわなくても頭では理解できました

人生で起きる問題はどれも、大切なことを気付かせてくれるために起きているわけで、決して解決できない問題はないと先生は言います

問題に向き合うことも「いいね!」だし、解決できたときに、より幸せな人生を築いていけることができるから、「いいね!」

自分の人生にたくさん「いいね!」しましょう!と言ってくれました

今は、しんどくて仕方ないけど、「いいね!」

せめて自分だけでも「いいね!」と思えたら救われるかな。。。

先生と話しているうちに不思議と身体が楽になったので、もう一度頑張ってみようと思います