Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

喫煙マナーのこと

今からかれこれ15年以上前に、フランスを旅行したときにも同じ感想を持ったことですが、ローザンヌはフランス語圏、喫煙マナーがよろしくありません。。。というか、かなり悪いです

喫煙者はどこでもタバコを吸おうとします

女性の喫煙者も多いように感じます、特に若い女性。。。そんな若い時から、バンバン吸って大丈夫なの?と母親目線でとても心配になります

歩きタバコも当たり前、人混みでも平気で火を付けて吸い始めます

子どもが近くにいても、タバコの火を消そうとしたり、少し離れたところに移動しようとしたり、そんなことは一切ありません

「煙いんだったら、そっちが動けば?」と目で訴える人もいます

さすがに電車やバス内で吸っている人を見たことはありませんが、先日ごみ箱がたくさんあるという話をお伝えしましたが、バス停に設置されたごみ箱には、吸い殻を捨てるところも付いているので、バスが来る直前まで吸っている人が多いです

f:id:lausannerfromtokyo:20190324004909j:image

吸い殻を捨てるごみ箱が近くにないときは、車の窓から道路に向かって捨てる人もいますし、電車がホームに入ってくる直前に線路に向かって捨てる人もいます

 

日本にいたときには、喫煙者が近くにいなかったので、こんなにタバコの煙にさらされることはありませんでしたが、この国に来て煙を浴び、副流煙を吸い込んでしまっていることが、かなり耐えがたいです

娘もタバコの臭いを嫌うので、なるべく喫煙者の近くは通らないように、離れて歩くように、できる限りのことはしますが、、、限界があるので、もっと喫煙者が節度を持って行動できないものだろうかと思う日々です。。。