Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

郵便事情のこと


滞在許可カードの受取時に、郵便トラブルに巻き込まれた話をお伝えしましたが、この国の郵便事情についてもう少し詳しく触れたいと思います

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

本人受取郵便の場合、我が家は2階に住んでいるのですが、配達員によって対応がまちまちです

下でインターホンが鳴り、メインドアを開錠すると2階まで届けてくれる人もいれば、開錠してもインターホン前から全く動こうとしない人もいます

f:id:lausannerfromtokyo:20190403224154j:image

特に小包を届けに来た場合は、これまでの経験上その場を動きません

初めてのとき、あれ??と思い「中にどうぞ」と言うと、「いや、下まで来てください」と言われてしまいました

え??私が下まで行くの??、、、さすがスイス!!!と思いました

当然ですが下で荷物を渡されるので、自分で2階まで運びます

2回目のときも、インターホン前から動かないので、こちらから「下に行った方がいいんですか?」と聞きました

3回目ともなると、インターホン前から動かないのを見て「下まで行きますね」と言っている自分がいました(笑)

不在時には不在票が入るのですが、先日の記事のとおり再配達は基本的に有料(郵便局の営業時間内(7時半から17時まで)に在宅可能であれば無料で再配達してもらえます)なので、お金をかけたくなければ最寄りの郵便局に取りに行くしかありません

 

つい先日、日本から弟夫妻に船便で差し出してもらった大きな荷物が届く様子だった(送ってもらってから2ヶ月近く経つので、追跡番号で調べてみたのです)ので、これは絶対再配達に回してはいかん!と思っていました

郵便局に受け取りに行ったところで、家まで運べないので(笑)

これまでの経験上、我が家のエリアの配達時間は朝8時半から10時あたりということは分かっていたので、娘を学校に送ってから急いで帰宅しました

案の定9時30分頃にインターホンが鳴り、またもやその場から移動しないので、下まで行くと小包を2つ持っていました

3つ送ってもらったはずなので「2つだけですか?」と聞くと、「そのようですね」と。。。

配達員の立場からすれば、そのような答えしかできないですよねー

私も愚問だったと反省しました(笑)

でも、すでにこの国で「1つだけ足りない」を経験しているものですから、、、もしやまた?と疑い深くなっているのでした

受取サイン後、この2つの小包を上まで運ぶのは厳しいな、ダメ元で運んでくださいってお願いしてみようかなと思っていると、「運びましょうか?」と聞いてくれました

「お願いします、とても助かります、あなたはなんて親切なの!」と言っている自分がいました

基本的に不愛想で気が利かない人が多いので、親切な人に出会うと、それだけでうれしい気持ちになります

気遣いができる人もこの国にいるんだ~!と幸せな気持ちになるのです

しかも、20代後半~30代前半と思われるイケメン配達員でした♡

私の目はキラキラしていたと思われます

2つの小包を開封しつつ、届かなかったもう1つの荷物が気になったので、追跡番号を調べてみるとこちらは翌日届く様子でした

2日連続で娘の学校からトンボ帰りして、荷物の到着を待ちました

前日より少し早い9時過ぎにインターホンが鳴り、カメラに映った配達員の顔をよく見ると、なんと前日と同じ彼でした♡

わーいわーい!!と思いながら、軽快な足取りで下に行き「昨日も来てくれましたね」と言うと、「明日も来るかもしれません」と。。。

この日は完全に目がハートになっていたと思われます

アニメや漫画によく出てくるこの顔です→😍

トキメキました、久しぶりに(笑)

顔イケメンは、口にする言葉もイケメン♡

こんなリップサービスをさらりとできる人がスイスにいることもまた驚きでした

でも日本でこれを配達員がやってしまうと、セクハラや「気持ち悪い」とクレームになってしまうのでしょうか。。。 

話がかなり脱線してしまいましたが、どうも先に届いた2つの小包はスイス経由で、1日遅れで届いた1つはイタリア経由で輸送されたようです、、、おそらく日本で、同じスイス行きでも違う経路のコンテナに分かれて収納されたのだろうと想像します

2日かかりましたが、3つの荷物を再配達に回すことなく無事に受け取ることができて、ホッとしました

 

スイスの郵便事情を経験して思うこと、それは日本も再配達システムを見直してもいいんじゃないかと思います

日本の運送業界は、サービス業界同様、またブラック感が深刻な印象を受けます

たとえ時間指定されていても、その時間に受取人不在という事態をよく聞きます

そして、再配達を何度お願いしてもお金がかかることはないですよね

また、指定時間外に配達に行くと、怒られるなんてことも聞いたことがあります、、、

まだ日本にいた頃「お客様のご指定時間より早いんですが、ご在宅のようですし、近くで配達の用事もあったので、今お渡ししてもよろしいですか」とインターホン越しに恐縮して配達に来てくださる方もいらっしゃいましたが、全然問題ないです~

もし、それでキレちゃう日本人がいるのであれば、「スイスに来たら、こんな無料サービスないですよ!」と私が叱ります(笑)

最近は、日本のネットスーパーでも再配達となった場合には、その分追加料金を徴収していましたので、良い傾向だと思いました(それでも500円程度です)

受取人が自分で指定した時間に不在なのは、受取人の問題なので、正当な理由がない限り、再配達料をかけてもいいのではないかなと個人的には思います