Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

照明の取付けのこと~その4~

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

以前の記事で、苦労に苦労を重ねて不良照明を新しいものに交換したことをお伝えしましたが、その取付けをどうするか、電気技師にもう一度来てもらうのか、自分たちで設置するのか、改めて考える必要がありました

電気技師に依頼した場合、照明は1つだけなので、当然1時間以内で終わるはずですが、また144スイスフランのコストがかかる。。。

ただ、すでに天井に穴は開いているため、自分たちで取り付けられる可能性は高いと思いました

が、最大の問題は、我が家に脚立や背の高い家具がないため、心もとないミニテーブルと椅子を重ねた不安定な踏み台に乗って作業することになり、大きな危険を伴うことでした

私は万が一踏み台が壊れてケガをするよりも、必要経費だと思って最後までプロに任せてもいいのではないかと思いましたが、夫はこれ以上出費がかさむのはバカらしい、とりあえず自分たちでやってみようと言いました

f:id:lausannerfromtokyo:20190713195642j:image

IKEAで購入したミニテーブル(7フラン)の上に同じくIKEAで購入した椅子(20フラン)を乗せて踏み台を作りました

どちらも低価格のものなので、安定感や頑丈さは全く期待できません(笑)

その上に乗る体重60キロ超えの夫と、グラグラ揺れるテーブルと椅子を必死で押さえる私。。。

大人2人で冷や汗を垂らしながら、何とか天井ベタ付けの照明を設置することができました

よくよく見ると、少しだけ曲がっていましたが、電気さえ付けば十分でしたし、重大なケガに至ることなく済んだことが何よりでした

 

それから約1ヶ月後の忘れた頃に請求書が届き、明細を確認すると、30分以内で済んだ2回目は1時間ではなく、30分として費用が計算されていました

f:id:lausannerfromtokyo:20190713195711j:image

スイスにしては、良心的な会社だと思いました(笑)

照明を5つ取り付けるだけで、想像をはるかに超えた経験までしたので、これでやっと快適な暮らしができることに喜びもひとしおでした