Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

食洗機の故障のこと~その2~

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

続いて、私はBâloiseに教わったSanitas Troesch(サニタス・トロエシュ)に電話をかけました

f:id:lausannerfromtokyo:20190904163450j:image

事情を説明すると、女性が水道の元栓があると思われる場所を指示してくれましたが、若干パニック状態に陥っているなか電話をたらい回しにされていることに腹を立てていた私は、ちっとも元栓の在処が分からず、

私 :見つかりません!とにかく誰か来てもらえませんか?

とキレ口調で言ってしまいました

女性:そうですか、、、では、もう少し詳しい者からお電話します

と言って電話を切りました

本当に折り返してくるだろうかと疑いながら、ソワソワして連絡を待っていると、今度は声からしてベテラン風の男性が電話をかけてきました

男性:同僚からご状況を聞きましたが、水漏れですか?水道の元栓を締めるようにというメッセージが出ているんですね?

私 :はい、そのとおりです

すると、男性はハハハと笑いながら、先ほどの女性と同じように元栓があると思われる場所を指示し始めました

私はこんなに切羽詰まっているのにハハハと笑う能天気な彼に納得がいかず、当然もう一度元栓を探す気になれず、

私 :先ほどの女性も同じことを言いましたが、どこを見ても見つからないんです!とにかく今すぐ誰かに来てもらえないんですか?

男性:この時間なので、今日中に伺うことは難しいと思います。たとえ元栓を締めなくても、水漏れ防止装置が作動しているので水漏れはしませんから、大丈夫ですよ

「この時間」と言っても、まだ16時ですけど?BâloiseもSanitasもどんだけ働きたくないんだ?怠慢すぎる!と思いながら、

私 :はぁ、そうですか。それでも食洗機が使えないのは不便なので、早く何とかしていただきたいんですが(怒)

男性:修理が必要のようですので、メーカーの修理スタッフを手配します。今日中にElectroluxから連絡が入ると思いますので、お待ちください

修理が必要なのは最初から分かっていますけどー!そういうメッセージが出ているんだから!と突っ込みたくなりましたが、ぐっと我慢して、

私 :分かりました。よろしくお願いします

と言って電話を切りました

私はまた本当に今日中に連絡がくるだろうかと疑いながらも一縷の望みを持って待ちましたが、この日に連絡が来ることはありませんでした

この続きは次の記事でお伝えします