Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

日本人ママ友、小児科医つながりのママのこと~その2~

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

その後は私の葛藤話に戻って彼女もスイスに来たばかりの頃は苦労が多かったと話してくれたのですが、

ママ:スイスにも良いところありますよ。例えば、電気料金は日本より安くないですか?

私 :え、そうなんですか?まだ請求書を見たことがないので分からないです。。。

ママ:コミューンによっても違うかもしれませんが、日本よりは確実に安いはずです

この後しばらくして、電気料金の請求書が届き興味津々で見てみると、半年間で300フラン弱、つまり1ヶ月間で約5,500円でした

スイスの家と日本の家では部屋数が違いますが、単純比較すれば雲泥の差でした

ママ:肉や野菜は値段が高いですが、それは農家の方々の生活を守るためであってきちんと理由があるんですよね。でもスイスのお肉って美味しくないですか?

私 :確かに!フランスのカルフールで買った肉は獣特有の臭いが気になって、調理前に水に浸けましたが、スイスの肉は必要ないです。ただ、ブロック肉か厚切り肉かひき肉しかないので、うす切り肉があったらいいのに~と思うことがあります

ママ:スーパーで買うよりは割高になりますが、うすく切って売ってくれるお肉屋さんがありますよ。ただ、機械ではなくてお店の人がナイフで切るので、日本みたいな薄さは望めませんが、豚のしょうが焼きとか炒め物だったら全く問題ないと思います。しかも真空パックにしてくれるので、うちは大量に買って小分けパックにしてもらって冷凍しています。ここのお肉は新鮮で美味しいですよー

私 :すてき!!ぜひそのお肉屋さん教えてください

ママ:了解です、あとでリンク送りますね

私 :ありがとうございます

f:id:lausannerfromtokyo:20190917173308j:image

その後、夫のクラスメイトからお好み焼きのリクエストが出たときに、ここでうす切り肉を買ったのですが、スーパーで買う肉とは全く違ってとーーーっても美味でした!

その後は近隣のおススメ観光スポットや敏腕ギリシャ人歯科医の話など、彼女は私のスイス生活が少しでも楽しく円滑になるようにとたくさんの情報を提供してくれました

ママ:スイスの良いところを見つけていければ、スイス生活も悪くないなと思えると思いますよ!

日本の生活やシステムと比較して、これがないあれがない不便だ不都合だという思考では、いつまでも負のループからは抜け出せないと思いました

お互いに子供たちが保育園や学校に行っている間にお茶でもしましょうと話して別れたままになっているので、そろそろまた会いたいなと思っているところです