Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

娘、誕生日パーティーに招待されたこと~その3~

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

パーティー当日は心を込めてラッピングしたプレゼントを持って(笑)、娘と一緒に会場に向かいました

会場近くの柱には風船が飾られていました

f:id:lausannerfromtokyo:20190923175155j:image

通常、パーティーではお楽しみイベントがいくつか用意されています

Gちゃんのパーティーでは、宝探しゲームをパパが、イースターホリデーが近かったこともあって卵型のオーナメント作りをママが、それぞれ主体となって仕切ってゲストたちを楽しませてくれました

宝探しゲームの時にはルールがよく分からず、どうしても他の子たちに遅れを取るので「もういやだ!」と泣いて取り乱す場面もありましたが、工作の時には自分1人の作業ということもあって黙々と取り組んでいました

その後はケーキを食べて、Gちゃんが皆からもらったプレゼントを開けて、集合写真を撮ってという流れでパーティーはお開きとなったのでした

f:id:lausannerfromtokyo:20190923175202j:image

目の前でGちゃんがプレゼントを開ける姿を見て痛感したこと、、、

薄っすら察していましたが、子供たちにとってラッピングなんてどーーーーーでもいいのです

どのプレゼントも包装紙をビリビリに破いて開けていました

わが家のプレゼントの包装紙にプリンセスの絵が描いてあったことすら、気づいていない可能性大です(笑)

プレゼントがとにかく何かで隠れていれば、十分なんだと思いました

私はバカ真面目にYoutubeを見ながらやり直しも含めて1時間もかけて準備したわけですが、そんな苦労は全く必要なかったのです

細かいことに気を捕らわれず、もっと気楽でいいんだ!!と思いました

 

後日このラッピング話を台湾人ママにしたところ、彼女はとても驚いていました

ママ:確かにお店はやってくれないから、自分でやらないといけないけど、包装紙まで買ったの?ラッピングコーナーがあって、そこに包装紙も置いてあるよ。こだわりがあるなら別だけど、特に気にしないならわざわざ買う必要はないよ

私 :え?そうなの?

ちょうどこの話をした場所がGちゃんのプレゼントを買ったおもちゃ屋のあるショッピングセンターだったので、彼女は無料の包装紙が置いてある場所まで案内してくれました

ママ:ほら、ここ。少し見えにくい場所にあるのは確かだけどねー

包装紙だけでなく、セロハンテープも置いてあり、その場でラッピングを済ませている人たちがいました

ママ:あとは、スーパーでもレジの近くにこういう場所が用意されていることがほとんどだから、次から活用したらいいよ。あまり包装紙や細かいところまで気にして見ている子供はいないと思うし。子供たちにとって大事なのは中のプレゼントだから(笑)

f:id:lausannerfromtokyo:20190923175353j:image

 私 :これは気づかなかったな。また1つ賢くなったよ~、ありがとう!

この経験以来、紙が破れようと、テープだらけになろうと、不格好な仕上がりになろうとちっとも気にしなくなりました

プレゼントを隠す目的さえ果たしていればオッケーです👌

どうせビリビリに破られて捨てられるだけですから!!(笑)

誕生日パーティーにはいろいろなスタイルや工夫があってとても興味深いので、また他の家庭のパーティーについても別の記事でお伝えしたいと思います