Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

スイスで実践するプチ節約術のこと

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

よく知られたことですが、スイスは物価が非常に高い国です

そのため、外出時には水筒やおやつを持ち歩くようにしているとお伝えしたところですが、ここで心がけている節約術についてもう少し触れたいと思います

ローザンヌで見かけるスーパーと言えば、COOP(コープ)、MIGROS(ミグロ)、DENNER(デナー)、ALDI(アルディ)、LiDL(リドル)、ALIGRO(アリグロ)の6つです

ドイツ系ディスカウントスーパーであるALDIとLiDLは、他の3スーパーに比べて低価格ですが、店舗数はあまり多くありません

ALIGROはスイス全土で見ても5ヶ所しかないようで、いわゆる業務用スーパーのイメージと聞いています(実は、私はまだ行ったことがありません)

DENNERは、MIGROSの傘下で、MIGROSよりも若干低価格、MIGROSで取扱いのないお酒やタバコを扱っています

MIGROSとCOOPがスイスの2大スーパーで、主にどちらかを利用している人が多いと思われます

わが家はバスで15分ほどの場所にあって、かかりつけ小児科医のクリニックにもほど近いEcublensのショッピングセンターでメインに買い物します

f:id:lausannerfromtokyo:20200129190358j:image

ここには、COOP、MIGROS、DENNERが揃っていて、息子の処方箋を持って行く薬局、娘が誕生日に招待されたときにプレゼントを準備するおもちゃ屋、リーズナブルな洋服屋もあって、ここ1か所で大抵の買い物が済むことが何よりの利点です

まずはCOOPの店内を軽く見渡して、生鮮食品や生活用品の価格をチェックして、DENNERまたはMIGROSに向かいます

あくまでも個人的な見解ですが、DENNERで生鮮食品を購入したいという意欲が湧かないので、ここで買うものと言えば、よく知られた食品メーカーの商品やお酒、トイレットペーパーや洗剤です

たまに日清のカップヌードルをまとめ買いでお得に提供している事があるので、そのときを狙ってガッツリ買いです!

とは言っても、日本のカップラーメンとは味や具は異なり、特に具材としてグリーンピースが入っていること、、、それがとても残念です

ラーメンとグリーンピースは出会ってはいけません!

色合い目的だけで入れているとしたら、「必要ない」とハッキリ言いたいですね

MIGROSはその時によって野菜や果物の質、品揃えがまちまちなので、COOPとの値段対比で買う場合と買わない場合がありますが、基本的にはCOOPより若干安めの価格設定です

質や品揃えが充実しているのはCOOPで、ここでは椎茸やエリンギも取り扱っています

お酒や洗剤等も半額価格で提供するときがあるので、いつでも何でも高いと思って騙されないように、どこよりも先にその日のセール品を調査してから買い物を始めるように心がけています

また、スーパーに行く時間帯についても、他の予定と支障がない限り意識しています

ほとんどのスーパーは日曜休業のため、土曜の閉店間際である午後5時頃から、魚、肉、惣菜に値引きシールが貼られます

それを狙って土曜の午後3時〜4時頃、買い物に行くのです

できるだけ土曜に1週間分の食材をまとめて購入し、平日は足りないものがあれば適宜買い足す程度です

とは言っても、わが家の近くにスーパーはないので、どうしても!でない限りは行かないようにしていますが、私の勝手な分析に基づくと、月曜と金曜は値引きシール貼付率が低いのです

平日に買い物に行くなら、火曜、水曜、木曜が良いという結果を独自調査により導き出しました

これからは人間観察だけでなく、値引シール観察も趣味にしようかしら?(大爆笑)