Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

息子の習い事のやりくりは本当にできるのか?ということ

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

息子のスイミングクラスは、木曜の17時から1時間レッスン(着替え含む)で、プールはローザンヌ中心部にあります

St-Sulpiceで15時15分に学校が終わる娘と

Le Mont-sur-Lausanneで15時45分に学校が終わる息子

f:id:lausannerfromtokyo:20200209200104j:image

この30分という時間内に2人の学校間を移動することは、公共交通機関ではどう頑張っても不可能です

息子がスクールバスで16:30に帰宅後、自宅からプールに移動しようとしても間に合いません

そのため、私は3つの可能性を考えました

(1)自家用車を購入

まず、この機会に車を購入することを考えましたが、維持費や税金が日本の比ではないようで、夫が在学及び就職活動中は見送ることにしました

(2)Uberを利用

次に、Uberで移動することを考えましたが、娘の学校から息子の学校間だけ利用したとしても40フラン前後(約4,500円)かかります

それ以外の区間となる息子の学校からプール間、プールから自宅間においても使わざるを得ない状況(例えば、子供たちの疲れ具合)になれば、出費はさらに嵩みます

送迎だけにこれほどのコストをかけること、、、非現実的だと思いました

(3)スクールバス会社に依頼

最後に、スクールバス会社へ息子の送り先を自宅ではなく、プールにお願いできないかと考えました

自宅⇄学校間であれば実費負担はありませんが、自宅以外の場所となると、習い事の場合はレジャー扱いとされ、1回25フラン(約3,000円)と言われました

Uberに比べたら多少リーズナブルでしたが、、、即決はできませんでした

 

自分が思いつく可能性にすべて満足できないまま、この頃は就職活動で家にいた夫に車を出してもらっていましたが、いつ一人でやらざるを得なくなるか分かりません

この頃、ソーシャルワーカーとの面談日が近づいていたので、今の生活で困っている事をすべて伝えて解決策を提案してもらおうと意を決したのでした