Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

スイス、コロナウィルス措置のこと〜その3〜

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

昨日2020年3月20日(金)、スイス政府は行動制限に関する追加措置を講じました

すでに3月17日時点において、強い制限をかけたことは前回の記事のとおりです

数日前にフランスで14日間の外出禁止令が発表されたこともあり、近いうちにスイスでも同様の対応が取られる可能性も想定しなければならないと思っていました

そして昨日は急に政府から何かしらの発表があると、、、ついに外出禁止か?!と思い、慌てて買い物に出かけました

コロナウィルス対策の開始以来、初めて行く買い物でした

いつも行くショッピングセンターに行くと、入場制限がかけられているスーパーもありました

それは、10平方メートルあたりの入店者数を1人に制限するという発表があったからだと思われます

当初からずっと強調されていることとして、人と人の間に2メートルの距離(ソーシャルディスタンス)を確保するように言われています

そのため、店の前で待つ人の列は2メートルほどの間隔が置かれていました

また、入店するにも店を後にするにも動線が作られており、人の流れを一方通行にしようという意図が感じられました

CoopとMigrosでは、随分と品揃えに差がありました

Coopでは品薄状態が明らかでした

いつもなら見かける大袋の野菜や果物はなく、ほとんどのものが量り売りに変更されていました

肉コーナーでは、冷蔵庫内はガラガラ

棚に残る肉は、七面鳥やウサギ、なかなか馴染みのない部位の豚肉あたりが目に入りました

パスタ、缶詰、瓶詰など保存がきく食品も、かなり数が減っていました

f:id:lausannerfromtokyo:20200321212135j:image

実際に品切れている食品も多くありました

バナナ、卵、バター、小麦粉、トイレットペーパー、ビニール袋、手袋、掃除用洗剤

家庭でパンを焼こうと考える家が多くあったのかもしれません

そんな私も休校中の娘とクッキングでもしようかと強力粉とイースト菌を買おうかと思っていたのですが、どちらも売り切れていました

トイレットペーパーの買占めは、日本に限ったことではないと知りました

ここスイスでも棚は空っぽでした

手袋や洗剤あたりの品切れについては、家庭内の衛生状態に神経質になり始めた家が増えているのかもしれません

彼らは私たちのように靴を脱いで家に入る習慣がないので、家の中の清潔さはわが家とはかなり違うと想像します

その反面、Migrosでは完全に品切れているものと言えば、トイレットペーパーだけだったような印象です

あるとき、スイス人の友人と買い物に出かけた時に、Migrosはスイス国内の野菜や商品を多く扱っているはずだと教えてくれたことがありました

確かに、イタリアやスペイン産と書かれた野菜も多く見られるCoop

このような非常事態では、国内の流通がまず優先されるはずなので、その点でMigrosはきちんと在庫を確保できている可能性があります

最後に、私は昨日スーパーに行くにあたり、マスク装着はもちろん、普段コンタクトレンズを使用していますが、メガネに変えて行きました

万が一目の粘膜から感染するリスクさえ排除して、臨んだのです

そして、この状況でどれだけの人がマスクをして来ているだろうかと思いながら、意を決して乗り込みました

しかし、店内を見渡すと、マスクを装着している人もいましたが、相変わらず装着していない人の方が圧倒的に多いのです

一般的にハイリスクと言われる高齢者の人たちでさえしていません

店員ではゼロだったと認識しています

自分だけは大丈夫!という意識なのか何なのか分かりませんが、自分が感染するリスクもあり、自分が他人に感染させるリスクもあります

マスクが全てのリスクを防ぐとは言えない

それも分かっていますが、少しでもリスクを減らせるのであれば、、、した方がいいと私は思います

こちらの人たちは、意識が低すぎやしないかと首を傾げました

 

昨日は結果的に、それほどインパクトが大きい発表にはなりませんでしたが、

公共スペースで、5人以上の集まりを禁止(これは3/17時点から変わりません)

違反した場合に、1人あたり100フラン(約11,000円)の罰金が科されることが追加されました

ここまでしなければ、罰金まで科すとしなければ、ルールが守られない、お気楽なヨーロッパ人ということでしょうか。。。

ただ、依然として感染者数は日ごとに急増しており、かなり深刻な事態だと感じています

来週の状況を見ながら、また新たな措置が講じられる可能性は大いにあります

引き続きアップデートされていく情報に注視です

一日でも早く平穏が戻りますように!