Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

息子、スイス2回目の予防接種のこと

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

先日の記事のとおり、季節性インフルエンザワクチンを家族で受けることにしました

最大の理由は、スイスの医療方針を考慮した結果ですが、もう1点あります

それは、日本の場合、13歳未満は2回接種が必要ですが、スイスの場合、過去に一度でもインフルエンザワクチンを接種したことがあれば、子どもでも1回接種で済むからです

2回と1回では、心の持ちようが全く違います

大げさかもしれませんが、私にとっては雲泥の差です

先日の看護師との面談どおり、私も同伴して学校で接種したいと希望しましたが、結局校医がこのために学校に来る日が1日しかなく、私はどうしても都合がつかなかったのです

しかし、私なしで息子1人学校で受けさせることは、選択肢にありませんでした

そのため、もう自動的に、かかりつけ小児科医のところで接種するしかなくなったのです

娘の方のワクチン接種で既に予約を入れていたので、この日に息子も連れていき、次回の接種に向けて医師と意見をすり合わせました

とても幸いなことに、このクリニックでは注射を担当する人が、医師ではなく看護師であることが分かり、それにより息子のトラウマが医師に直結する可能性が低くなり、私は安堵しました

メラトニン3mgを飲ませてから来ること

私は当日すべきことや不安をすべて確認し、いよいよ娘の注射の時間となると、なんと

娘:あれ?今日、◇◇(兄の愛称です)は注射しないの?

私:うん、今日はもともとその予定じゃなかったんだよ。◇◇は今度する。だから、今日は◯◯(娘の名前です)だけだよ

娘:えーーー。だったら、◯◯も今度にしたーい

私:・・・(どうしよう)

f:id:lausannerfromtokyo:20200424182641j:image

まさかまさかの、この日は娘が注射を拒否しました

次回息子の件で来る時も結局娘を連れて来るしかないので、私としては今日でも次回でも手間は一緒でした

そのため、娘も次回にさせてもらえないかと医師と看護師にお願いしました

医師も「え?」という反応、、、そしてすぐさま看護師のところへ

この日わが家が最後の患者、早く終わらせて帰りたいという雰囲気が伝わってきたので、大変申し訳なかったのですが(汗)

実際に今日は注射しないと分かると、私たちよりも先にクリニックを後にした看護師

自分の仕事が終わったらさっさと帰る

とてもこの国で働く人らしい姿勢だと思いました

ということで、息子と娘の予防接種日は2週間後に決まり、それに向けて私も心の準備をしていこうと思ったのでした