Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

Oai、判定結果(1回目)のこと

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

家庭訪問からちょうど2週間経った日に、Oaiから分厚い封書が届きました

家に入るまで待ちきれず、私はエレベーターの中で封を開けました

分厚い理由は、allocation d'importanceの結果だけでなく、mesures médicalesの結果も併せて入っていたからです

mesures médicalesの方は、11月初旬に申請書類を送ったので、もっと時間がかかるだろうと思っていましたが、早く結果が出て本当によかったです

こちらの結果は、すぐに分かりました

f:id:lausannerfromtokyo:20200507171042j:image

書類の最初に太字で"Refus"と書いてあったからです

英語では"Refuse"、「拒否」という意味の言葉があります

よく似ていたので、ピンと来ました

やや残念ではありましたが、もともと厳しいだろうと言われていて、ダメ元でやってみた経緯がありました

そのため、やっぱりダメだったか、、、そんな気持ちでした

下記3つの条件のうちの1つに該当しなければならなかったようですが、わが家は当てはまりませんでした

① 障がいの有無が明らかになった時点から、スイスに1年以上滞在していること

② スイスで産まれたときに、障がいがあること

③ 産まれたときから、継続的にスイスに居住していること

かなり厳しい基準となっていることがよく分かりました

一方のallocation d'importanceは、パッと見たくらいではどの区分になったのか結果が分かりません(汗)

いつものように、Google翻訳を書類にかざしてスキャンして読みました

Google翻訳を駆使しても、解釈に時間がかかりました

何故かと言うと、A4用紙の下半分にサラッと書いてあったからです

f:id:lausannerfromtokyo:20200507171102j:image

それに至るまでは、「不服がある場合には、申立てしてください」というような内容がつらつらと書かれているようでした

結果は、"grave"(グラブ、「重度」)

3区分中、最も重い階層に認定されていました

驚きはありません、むしろ納得です

日本でも療育手帳は2度(重度)でした

国が変われど同じだろうと思っていたので、

私の中で、graveは当然の結果でした

通訳なしで臨んだ家庭訪問

あの日、私が訴えたことは、相手にもしっかり受け取ってもらえたと実感した瞬間でした

あの日以来、やはりどこかで、通訳がいたらもっと違ったかもしれないという思いがありましたが、そんなモヤモヤも一気に吹き飛びました

しかし、Oaiの担当者が言っていたように、本書類には法律の条文も添付されていました

さすがにここまでは無理です

ソーシャルワーカーにこの結果をメールして、2020年の年明けすぐに会うことになりました

が、それまでに1ヶ月弱期間があくので、フランス語の先生に書類を見てもらうことにしました

この書類を見せるということは、息子の存在を明らかにすることになります

勇気のいる行為ですが、この先生なら話してもいいと思えたので、頼れたのだと思います

ネイティブの先生も読みながら、

「これは読みにくい。日本語でもそうだと思うけれども、口語的表現と文語的表現は全くちがうから。ストレートに書かれていないところが難点だね。これは、フランス語初心者には相当大変だ。苦労がよく分かるよ」

と深く理解を示してくれました

私の疑問は、これに基づき私は何かしなければならないのか?

ーーーーー

これは仮決定の文書

内容に不服があれば申立てする期間が設けられている

不服がなければ、このまま所定の期間を過ぎたところで、本決定の文書が届くので待っていれば大丈夫

ーーーーーー

と説明してくれました

ホッとしました、とても、とても

相性の悪いOaiから、ようやく解放されると思ったら、肩の荷が下りました

少し早いクリスマスプレゼントが来た、そんな感覚でした

その後、フランス語の先生は私が助けを求められるような場所を探してくれて、後日、ホットラインの連絡先やある親の会の集会があることを教えてくれました

そして、いつものように「がんばって!」と日本語で言ってくれました

うるっと来ました

ハードな経験が多いだけに、優しく親切にされるとすごく身に染みるのです

私はここでたくさんの人たちに支えられ、救われています

スイスで出会った友人たちだけでなく、同じ海外で頑張っている友人、日本から応援してくれる家族と友人

いろいろな人たちの支えがなければ、もうとっくにこの生活から逃げ出していたはずです

「捨てる神あれば、拾う神あり」

そんな経験ばかりしています