Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

息子、親の会STARSのこと

また久しぶりの投稿になってしまいました

娘の来年度に向けた準備や、それに伴う(?)娘の情緒不安定さが重なっていること、また今、私が親の会STARSのあるプログラムに参加しているため、そこに時間やエネルギーを費やしていることで、全くブログに手を付けられませんでした

これまである程度ペースが出来ていたフランス語学習さえも疎かになっていて、それらの葛藤がややストレスではありますが、親の会の活動に参加することもここにいる意義、私の重要な役割で、新たな視点をここで発信できたらいいなと思っています

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

かなり前の記事で、親の会STARSのミニ勉強会に参加したことをお伝えしました

この会の存在自体は、2019年3月には知っていました

かかりつけ小児科医及び息子が前年度通っていた学校から、同じように紹介されていたからです

それ以来ずっと頭の隅に引っ掛かっていたものの、日々の生活に追われすぎて、、、

行ってみようという気持ちに至らず、そのままずっと放置していました

今思えば、もっと早い段階で足を踏み入れていたらよかった(泣)

ここには、同じ道を歩んでいる(歩んだ)ママ達がたくさんいました

しかも、みんな英語がペラペラです

もしかしたら、これまで散々苦労してきた手続きや制度について詳しく説明してくれるママがいたかもしれない

新しい国で生活基盤を築く大変さに共感してくれるママがいたかもしれない

もちろん過去を振り返っても時間は取り戻せませんが、自分の中で非常に悔まれます

ここに所属することで、ネットワークや知識が増えました

何でも相談できる場所ができて、安心感に包まれました

やっぱり親の会ってすごい!!そう思いました

私が親の会の活動に参加しようと思った最大の理由は、2020年に入ってから息子の性に関して大きな変化が見られたからです

障がい児を持つ多くの親、特に親子関係として異性の場合、最も受入れに時間がかかるであろう変化がありました

情報収集しなければ!という気持ちが原動力となって、私の背中を押したのです

しかし、まさか私が初参加した2020年3月の勉強会を最後に、ロックダウン生活に入ってしまうとは全く想像にも及びませんでしたが(泣)

テーマは、トマティスメソッド

「聞き取れない音は発音できない」という法則のもと、それを基に生み出された聴覚トレーニングで、語学力の飛躍的な向上や、脳の活性化による深いリラクゼーション効果などにつながると成果もあげているそうです

f:id:lausannerfromtokyo:20200629190242j:image

一連の話を聞いて、非常に興味をそそられましたが、毎日2時間程度ヘッドセットを付けることに息子が応じてくれるか、また金額が高い(任意加入扱いの医療保険でカバーされる場合があると聞きましたが、そもそも息子は加入していないので)という点から、そのときは諦めてしまいました

しかし、このトマティスメソッドに取り組んだおかげで、お子さんの劇的な変化(主に情緒の安定)を実感しているママが親の会にいること

また、もし日本で本トレーニングを受けた場合の費用も調べたところ、かなり高かったので、こっちで受けてもそれほど変わらないかもしれないと思うこと

これらの観点から、今になって悩んでいるところです