Lausanner from Tokyo

スイス、ローザンヌでの家族生活、子育て、夫のEPFL留学、障がいのある人のことなど、リアルな情報を発信します

息子、親の会STARSのこと~その2~

 

lausannersfromtokyo.hatenablog.com

 

親の会は、ロックダウン生活中も毎週火曜日にZoomを使って、専門家による講義を主催してくれました

"Managing your calm"や"Tools and practices to deal with emotions"というテーマで、自分の感情とどのように向き合い、コントロールしていくかという内容

"Feel good family day routine for quarantine period"というテーマで、リズムが崩れやすくメリハリの付きにくい環境下で、いかに効果的に且つある種の規律を持って生活するかという内容

"Anxiety, mood and food"というテーマで、不安を軽減するために効果的な食材や食べ方に関する内容

どの講義もそれぞれ興味深い内容でしたが、その中でも感情との向き合い方に関する2講義が特に響きました

"Managing you calm"の講義では、私が自己紹介している最中に突然講師の方から「今一瞬、呼吸が変わったわ、大丈夫よ、深呼吸して、ここは安心して話せる場所だから、呼吸を整えて、吸って吐いて」と言われ、思わず感情が溢れて涙したことは自分でも衝撃でした

今、何が苦しいのか何が大変なのか、書き出して整理すること

潜在意識に語りかける前に、その内容について考えること(THINK)

T True(本当)?

H Helping(救われる)?それとも、Hurting(傷つける)?

 I Intelligent(賢い)?Interesting(面白い)?Insightful(洞察力がある)?

N Necessary(必要)?

K Kind(優しい)?

自分で自分の敵になっていないか、よく考えてみましょう

変わるなら、より良い方向に変わっていきましょう

と、日本語で「改善」という言葉まで送ってくれました(合気道が大好きな先生なのです!)

この講義後に、改めて考えてみました

どうして、私はスイス生活が苦しいと感じるのか

もちろん理由は一つではありません

全てが「苦」とも言いません

が、私の一番の苦しみは、家族でスイスに暮らすことを最も望んでいる夫が、私の苦しさや葛藤に理解がなく、共感や支援に欠けていること、また、これまでに至る数々の茨の道に対して感謝や労いの心が感じにくいこと

そこに私の結論は至りました

私は、我が葛藤について何度も伝えてきたつもりですが、夫には夫の考えと夢があり、、、ここの違いがいつになったら共通認識に変わるのか、はたまたいつまでも交わる余地はないのか、今は分かりません

一方、"Tools and practices to deal with emotions"の講義では、「感情は言葉で表現できると理解しやすい」と、これまた目からウロコでした

感情を言葉で表すという作業

簡単そうに見えて意外と難しいと思いませんか?

「悲しい」に分類される感情にもいろいろあります

「切ない」「失望した」「孤独な」「惨めな」など

しかも、複数の感情が絡み合っているケースが往々にしてあると思いませんか?

この作業がうまくできるようになるまで、訓練が必要だと思っていますが、

「今、私はこう感じている」が分かれば、

「私はこう感じたい」が見えてくる 

感情を見える化することで、「こう感じたい」を達成するための道が明確になるというのです

これは、子ども達特に娘と一緒に、取り組んでみたいと思っていることの1つです

f:id:lausannerfromtokyo:20200630235119j:image

講義を聞いているだけでいつも発見があって、フランス語学習と並ぶ、ロックダウン生活中の楽しみでした

 

そして、この6月初旬から新しいプログラムが始まりました

息子のような子ども達を育むにあたって、適切な療育やセラピーを受けることは、多くの家庭が取り組んでいることだと思います

が、いくら良いセラピーを受けたとしても、ベースが不安定であれば、つまり身体や脳がうまく機能していない状態であれば、期待する効果も半減するという考え方のもと、親の会が立ち上げたプログラムとなっています

今まではただZoomに参加して、講義を聞いているだけでしたが、今回はテーマごとに各自目標を設定して、目標達成のために積極的に実行、その結果をフィードバックする必要性があるので、より強制力が高まりました

毎週火曜日の朝10時から11時30分まで、Zoomでミーティング

参加者は私を含めて8名

共にがんばるママ達がいるので、とても心強く、中でも先輩ママ達の工夫やアイディアにはいつも脱帽です

今は「食」に関する講義が2本終わって、わが家は大幅に食事を改良する必要があったので、食材選びから調理法までスタートは苦労しましたが、少しずつ変化を取り入れながら、あれやこれやと試行錯誤中です

もともと料理嫌いではない私

ただ、レパートリーが少ないので、今まで馴染みの薄かったスパイスやハーブに関する知識を深めて料理に取り入れたいなーとか、いつもよく買う野菜ばかりに固執せず、新たな野菜にも挑戦したいなーとか、理想は膨らんでいるところです

ちなみに今日はデトックスに関する講義があり、これまたわが家は大改革が必要だと思いました(汗)

より詳しい内容は、また別の記事でお伝えします